×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ユーフォルビア(オベサ)の採種方法
<2007/7/29撮影>

ユーフォルビアは自家受粉しないはずです。
また、雌雄別株なので、雄木と雌木を用意する必要があります。

写真がオベサ(メス)です。先端が3つに分かれています。
<2007/7/29撮影>

こちらはオス。花粉が見えます。

オベサは春〜秋にかけて断続的に咲くので、交配の機会は多いと思います。
<2007/7/29撮影>

私はオシベとメシベを直接すり合わせるように交配しています。
花粉の量は少ないですが、メシベに粘着性があり、意外と簡単に成功します。

<2007/8/8撮影>

交配から約10日後です。
写真のように実が膨らめば成功です。

1つの実には種が3つしか入っていません。
写真のは4×3で12個です。
サボテンのように、一度に多くの種を取る事ができません。

もうしばらくすると、種が熟して殻がパチンと音を立てて弾け飛びます。
本当に数メートル先まで飛んで見つからなくなるので、殻が茶色くなってきたら取ってしまいます。
または、網などをかけて飛ばないようにします。

ユーフォルビアは別種でも簡単に受粉するようです。
オベサ、バリダ、笹蟹などでも交配すれば種が取れます。
見た目が大きく異なる花キリン等でも掛かるのかは不明です。
(2007/08/13)新規作成
戻る