×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


玉扇
<2005.12.xx撮影>

ハオルチア 玉扇
(Haworthia truncata)

超の付く人気種と言えます。
個体差が大きく、窓が大きく、模様がハッキリしているものが人気です。

写真は最初に手に入れた玉扇で、全体に小型ですが、形良く模様もハッキリしていて気に入っています。
<2005.01.xx撮影>
以下、いろいろな玉扇です。
同じ玉扇でも、色形がずいぶん異なります。

サボテンは日照の調整で姿が大きく異なってきます。安く手に入れた株でもうまく育てれば、立派な見た目になります。
しかし、玉扇はそうはいかないようです。
遺伝的な特徴が大きく、厳しく育てたからといって、窓模様が格段に良くなることは多分ありません。
数百円〜数万円の価格差が出るのはその為だと思います。

玉扇A

玉扇B

玉扇C

玉扇D

巾広玉扇
<2005.03.12撮影>

巾広玉扇

巾広とのことですが…。他と区別は付きません。

背が高いですが、徒長しているわけでは無く、そういう質の様です。
日照を強くしても低くなりません。

菊一玉扇
<2005.03.12撮影>

菊一玉扇

菊一とのことですが…。やっぱり他と区別は付きません。

小さなカキコ苗だと思いますが、玉扇、万象の小さな苗はどうもうまく育ちません。

一度葉が枯れ出すと止まりません。
根が腐ると回復に時間がかかり、そのまま駄目になることも多いです。
今は購入の際はなるべく大きなものを買うようにしています。

雪冠玉扇
<2005.03.12撮影>

雪冠玉扇

菊一とのことですが…。これは何となく窓が白い気がします。
小さいです。

玉扇E
<2005.08.28撮影>

玉扇E

玉扇は葉の形により幾つかのタイプに分けられます。
・コンゲスタ(葉が厚く丸い)
・マグニフィカ(大型になる)
・クラッサ(葉が厚い)
・テヌイス(薄い葉。窓は内側に傾く)
・モンストローサ(変わり葉)

これはコンゲスタ型でしょうか。

玉扇F
<2005.08.28撮影>

玉扇F

窓はそれほど大きくありません。
葉は薄いので、テヌイス型でしょうか。

戻る