×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


天紫玉
<2005.05.08撮影>

ギムノカリキウム 天紫玉
(Gymnocalycium pflanzii v. albipulpa)

名前の由来は紫がかった肌色でしょうか。
見所は刺よりも肌にあると思います。
くすんだ感じの肌が非常に美しいです。

今は10cmほどですが、まだまだ大きくなりそうです。
<2006.06.03撮影>

天紫玉の花は花弁が縮れるようです。花粉の量が多く、交配は簡単そうです。

写真で分かると思いますが、9月の長雨の後、強烈な日差しで焼けてしまいました。

遮光ネットを外す時期には日焼けに要注意です。


戻る