×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


牡丹玉

牡丹玉A
<2005.01.04撮影>
ギムノカリキウム 牡丹玉
(Gymnocalycium mihanovichii v. friedrichii)
綺麗な色に惹かれて購入しました。
この鉢に名前不明の多肉が芽を出していました。
葉挿し可能な多肉は稀にこういうことがあります。

<2005.06.06追記>
先月頃からどうも色がおかしく、灰色になっていたのですが…。ぺしゃんと潰れてしまいました。
根から腐れが進んでいたようです。
原因は冬場の水遣りだと思います。室内においていましたが、水遣りが多すぎたのと排水が悪かった為でしょう・・・。

<2005.03.15撮影>
牡丹玉B
小さな牡丹玉です。
牡丹玉は緋牡丹、緋牡丹錦に比べ地味ですが、個人的には好きです。
少し肌が汚れています。

<2005.03.15撮影>
牡丹玉C
花を見たいです。

<2005.09.03撮影>
BかCかわかりませんが、花が咲きました。
花弁の長さはバラバラで、花粉の量がとても多いです。

戻る