×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


海王丸
海王丸A
<2004.12.xx撮影>

ギムノカリキウム 海王丸
(Gymnocalycium denudatum v. paraguayensis)

言わずと知れたギムノの超有名種です。
人名を冠した、選抜品も出回っています。
特徴は何と言っても刺です。
刺が太くうねりが強く、肌にぴったりと張り付いているものが価値があります。

これはまだ5cmほどの小さな株です。
因みにチクリン産。
強光線には弱く、所々日焼け跡ができてしまいました。
<2007.02.12撮影>

2年以上経過しましたが、生長は思わしくありません。
現在約6cm。

名人曰く、「海王丸は育ちすぎるからあまり面白くない」だそうですが、うちにある海王丸はどれも生長が遅いです。

2006年は植え替えをし、高温多湿で管理したのですが、殆ど生長しませんでした。

2007年は2月頭から動きを見せているので、期待しています。
<2007.02.12撮影>

2005年〜2006年に出来てしまった茶膜。
日焼けが茶膜化したものか、別の要因か。

何れにせよ、株自体の成長が止まったり、拗れたりすると、茶膜ができ易い様です。

元気一杯育っている株には滅多に見られません。
<2007.04.14撮影>

今年は初めて海王丸が開花しました。

綺麗です。

海王丸BC
<2005.04.10撮影>

小さな海王丸2頭。
海王丸に限らず、サボテンは日差しを強くすると刺が太く強くなり、適度な遮光だと肌色が良くなる様です。
個人的には強い刺のサボテンが好みなので、日当たり良く育てたいのですが、海王丸は日焼けしやすいのが悩みどころです。

TOP