×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


姫ヤマカル柱
姫ヤマカル柱A
<2004.12.xx撮影>

セレウス属 姫ヤマカル柱
(Cereus peruvianus floridianus?)

セレウスペルビアナス、フェアリーキャッスル等の名で「電磁波を吸収するサボテン」と怪しげなコピーと共に売られています。
サボテンを集めだした初期に購入しました。
当時はこのこのように群生したものが好みでした。
その後、丸サボテンに嵌っていくことになります。
写真は、寒さの為か紅葉している状態です。
夏には緑を取り戻し、水々しくなります。

素焼きの鉢なので、用土が乾き過ぎる様です。
土は余っていたピートモス。イイカゲンですね。
<2007.02.10撮影>

2年以上経ちました。
以前大きさを測っていなかったので、比較出来ませんが、現在の高さは17cmです。
このサボテンにしては生長悪いと思います。

春〜秋にかけて蒸し揚げて育てれば一シーズンで倍くらいの大きさになります。

2006年の春に水を切らしすぎたのか、害虫によるものか、茶膜がはって悲惨な姿になりましたが、今は大分目立たなくなってきました。

今は簡易温室で2週間に一度くらい潅水しています。
上の写真のような変色は見られません。

(しかし見にくい写真です。写真の腕は2年前から全く上達していません。)
姫ヤマカル柱B
<2005.04.10撮影>

姫ヤマカル柱B

タイプが違う為か、こちらの方が仔吹きが激しいです。
刺座間も詰まっていて、稜線を白く縁取っています。


戻る